So-net無料ブログ作成

彼岸島の映画の鬼 [映画]

スポンサーリンク






人気漫画「彼岸島」がドラマ化されて話題になっていますね。



昨日は第3話が放送されています。



その「彼岸島」は以前映画化もされていましたね。



映画でもドラマでも、「彼岸島」へ上陸した主人公たちを鬼が襲います。




その一つを紹介すると・・・・




【邪鬼(オニ)】


彼岸島_1.gif



一定期間人間の血液を吸わなかった吸血鬼が発作を起こし変化した姿。




理性を持たず、怪力や驚異的な生命力を伴う。




読み方は「ジャキ」ではない。




吸血鬼がそのまま変態する者や、身体中から糸を噴き出し繭になり、

その繭から生まれる者もおり、様々なバリエーションが存在する。




普通の吸血鬼同様、首を完全に切断されると死亡する。




人間・吸血鬼の関係なく、視界に入った生物を本能のままに襲う。




そのため吸血鬼たちもその力を恐れている。




雅のみがこれらすべての邪鬼を、脳波干渉(サイコジャック)を使って完全に

操ることが出来る。




邪鬼使いと呼ばれる吸血鬼(田中ナオトのように邪鬼使いになれる人間もいる。)もおり、

苦痛を与える事で恐怖によって邪鬼を支配している点で雅の脳波干渉とは異なっている

(但し、田中の場合は苦痛による支配ではない)。




また初期設定では「稀に」体質により適応できない場合に亡者になるという説明があり、

亡者にされた人間が「邪鬼にもなれない」と役立たずの烙印を押されたが、その後の

描写で邪鬼の数はかなり限定され、逆に亡者の数が多く描写されていることで設定が

変えられたものと思われる。




「最後の47日間」で、鬼の細胞維持には特殊な湧き水が必要である事が明かされる。




【彼岸島最後の47日間(7)】










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。