So-net無料ブログ作成
検索選択

彼岸島の漫画の感想 [漫画]

スポンサーリンク





人気漫画の「彼岸島」。



たくさんの人が読んでいるので、その感想もいろいろありますね。



なかなか手厳しい感想もあるようです。


彼岸島30.jpg



その中のひとつを紹介すると・・・




漫画というのを評価する場合、減点評価するのは妥当ではないとつくづく思う。




この漫画は絵は雑、ストーリーは適当、キャラクターの言動も一貫性が無い。




減点評価するなら、こんなもの0点である。




しかし青年コミック、しかもトップであるヤンマガで全33巻も続き、

続編まで出て、映画化、スピンオフ小説と・・まるで大作漫画である。




理由として考えうるのは、

読み捨て漫画として何も考えずに読める”勢い”と初期以外のバトル展開が

成功した部分にあるのだと思う。




読み続けようと思う部分も、個性的な化物、適度なエロ成分、いきなり現れる

戦いの舞台となる施設と・・短期的にも楽しめ、飽きさせずに読める。




特に最初期は名作といって良い出来であるため、1巻を読み、そして続きが

気になり、その貯金でさらに続きが気になるといった風に導入部分に成功した

為であろう。




かと言って、33巻通して評価する場合、子供だましレベルで子供にすらバカに

される完成度であり、酷いものである。




しかし、近代漫画が100年に近づいてきて、読み手にも余裕ができ、「それはそれ、

これはこれ」と楽しめる下地が出来たのか(w)、




はたまたネットでの情報交流が主流になったことによってなのか、書き手の当初の

思惑とは外れてまったく違う楽しみ方が出来てしまった。




そして、それはこの漫画の最大の魅力になった。




いわゆる「ツッコミ漫画」である。




【彼岸島最後の47日間(12)】










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。