So-net無料ブログ作成
検索選択

彼岸島の漫画のあらすじ [漫画]

スポンサーリンク






人気漫画の「彼岸島」。



現在ドラマ化されて放送されていますね。



彼岸島32.jpg



「彼岸島」のキャッチコピーは「吸血鬼サバイバルホラー」。




吸血鬼の住む島からの脱出や、吸血鬼や化け物との対峙をメインとした

作品だが、バトル漫画・ファンタジー漫画・SM漫画・シュールギャグ漫画

の要素も持つ。




ちなみに、この手の「閉鎖・限定空間」を舞台とした作品では珍しく、

島の大きさや人口、戦力差などの「現況」がほとんど描写されない。




設定の変更で幾分かはフォローされているものの、後に明かされる

新事実や描写、舞台となる常に膨張を続ける島、人口の肥大化に伴い、

矛盾が少なからず発生しています。




漫画でもドラマでも、だいたいのあらすじは変わらなそうです。



宮本青果店の店長の息子である宮本明は、数年前に彼岸島で行方不明

になった兄・宮本篤を捜す為、友人と共に彼岸島に渡ったが、そこは吸血鬼

が跋扈する地であった。



兄を捜し出し本土に連れ帰る為に奮闘する。




という感じで、いたってシンプルな内容になっています。




シンプルなだけに、登場する化け物やストーリーについても、ある程度

自由に表現できるということがあるようですね。




化け物だけでも、孤島にそんなに化け物がいるの?


というくらいたくさん登場します。




しかも、化け物によっては、身長が23mとか31mとか、どんだけ~

みたいな化け物も。




先に述べたように、ストーリーが長引くにつて、孤島という場所が設定

されているのに、孤島らしからぬ多くの人口、場面がでてきます。




矛盾がみえてくるのも無理はないですね。




それでも人気は衰えていなさそうです。




【彼岸島最後の47日間(11)】










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。