So-net無料ブログ作成
検索選択

彼岸島 最後の47日間の12巻でzipは? [漫画]

スポンサーリンク






人気漫画の「彼岸島」。




最新巻は、最後の47日間 12巻が出版されているようですね。



ダウンロード用にzipファイルも公開されているようですが、

著作権とかもあるし、ダウンロードするのは・・・




さて、12巻の概説は・・・




明治時代にはすでに存在していた雅(みやび)とその一族。




さらに旧帝国陸軍の凄惨(せいさん)極まる生体実験。




闇に葬られたはずの血塗られた歴史が、そして、雅を倒す秘策が今、明らかになる!!




12巻では雅のことが書かれているようですね。




ドラマでは、雅役を栗原類さんが演じています。


彼岸島29.jpg



雅は、明と篤の宿敵。




彼岸島の吸血鬼の頭領にして、彼岸島の吸血鬼一族の生き残りの1人。




感染型吸血鬼の始祖。




篤と涼子の恩を仇で返し、吸血鬼ウィルスを島中に蔓延させ、彼岸島の殆どの

島民を吸血鬼にした張本人。




ポンを亡者にし、篤にも吸血鬼ウィルスを感染させた。




前述の日本軍の生体実験により不死の力を手に入れた為、刀で斬り刻んでも

銃で撃っても死ぬことはない。




体が蜂の巣になるほどの弾丸を撃ち込まれても、その弾丸を体内に取り込み、

口から散弾銃のように吐き出し敵を一斉攻撃する。




数十メートルはある崖から飛び降りた程度では傷も付かず、首を切り落とされても

胴体が意識を持って首を探し回るほどである。




首を発見した時は一時的に胸に埋め込み、後に体内へと取り込み元の場所から

生やした。




これらの非常識な能力は複数の吸血鬼の血が混ざったために備わったのです。





【彼岸島最後の47日間(12) 】









スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。