So-net無料ブログ作成
検索選択

彼岸島 最後の47日間の牛乳女 [漫画]

スポンサーリンク






人気漫画の「彼岸島」。



昨日は第4話が放送されていますね。




漫画では最後の47日間が連載されていますが、化け物も

いろいろ登場してきています。




そのなかで、話題になっているのが「牛乳女(うしちちおんな)」




名前からして面白いですね。



彼岸島38.jpg



隊長曰く、最悪の邪鬼。




大糞赤子の母親が邪鬼化した姿。




本来は妊婦の吸血鬼だったが、実験の為か体内の胎児が腹の中で邪鬼となり、

「パァァァン」という効果音と共に大糞赤子が腹を突き破って誕生してしまう。




腹を突き破られても尚、母親の愛情で生きており、様子を見に来た研究員の

吸血鬼に発見されるも、子を探して吸血鬼達に襲い掛かり、牢屋に入れられ、

そこで邪鬼化した。




乳が牛の様に複数付いている。乳からは母乳が出るが、甘いだけで栄養は

無い上に、ヘロイン並みの中毒性がある。




母乳を飲むとやみつきになって「うま……、うまい……」とのこと。




一度飲むと止められなくなり、やがて栄養失調で死ぬまで飲み続ける。




腕からは、鋭く長い爪が生えている。




又、精液は体にかかると皮膚が非常に爛れる

(吸血鬼には効果は薄く、爛れた皮膚の治りも早い)。




雅がワクチンを隠した洞窟に放たれており、涼介と明を母乳の餌食にするが、

隊長のおかげで僅かに正気を取り戻した明に乳を全て切り落とされ、最後は

首を切り落とされ絶命した。




作品では珍しく人間を捕食するシーンは無く、捕らえた人間を「ボウヤ」と呼ぶ。




母乳の影響で、この邪鬼に母性をも感じる。




明も「嫌いじゃない」と言い、亡骸の目を閉じて別れを告げた。




【彼岸島最後の47日間(10) 】









スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。